苦楽は表裏一体に存在している?!先に味わうのはどっち?

ことわざから学ぶ考え方

ことわざから学ぶことが凄くあるので、
ことわざを使ってどういう思考になれるかを
自分なりに考えて発信していこうと思います。
YouTubeのライブ配信、MATERIAL通信では、
「今日のことわざ」のコーナーで
毎日違うことわざを紹介しながら、
僕なりの解釈でことわざの意味を
噛み砕いて発信しています。
その後にラジオ配信もしています。
その日は同じことわざを配信していますが、
同じ話を話せば話すほど面白くなってきている自分がいます。
今回は苦楽についてのことわざをピックアップしました。
と言うことで言葉を使って発信していたことわざを、
今度はこちらのブログを使って文章で発信していきます。
文章で伝える方がおの白いのか?
と思いつつ、どんな感じでお伝えできるかわかりませんが、
文章発信は僕もちょっと楽しみです。
何か元気になれる記事になればいいかなと思います。

black mug with proverb from holy bible
Photo by Jessica Lewis on Pexels.com

楽は苦の種、苦は楽の種

さてさて今回は「楽は苦の種、苦は楽の種」
ということわざです。
意味的には楽は苦を、苦は楽を
それぞれ含み持っているという意味で、
楽をした後には苦を味わい、
苦を味わったものはその後、楽になる
というような意味ですね。
何となく意味はわかりますが、
少しぼやけています。
なので、僕なりに解説してみたいと思います。

まず、楽というか、楽しんだ後でも
特にその後、苦しむ必要はないですし、
楽をしたからと言って
苦しい思いをすることはないと思います。
逆にしんどい思いをした後には、
必ず楽しいことが待っているかと言うと、
そうでもない気がします。

landscape photography of clouds
Photo by Josh Sorenson on Pexels.com

楽とは何か? 苦とは何か?

楽から考えるのではなく、苦から考えていきます。
人が遊んでいる時にせっせと学習する。
とにかく学習するのですが、
結果はいつ出るかわかりません。
こうなってくると続けていく過程が
どんどんしんどくなるのは目に見えています。
どこまで続けるのかもわからないまま学習を続けます。
しかし、若いうちに学習したほうが効率もいいし
「鉄は熱いうちに打て」と言うように
若いうちの方が記憶力も体力もありますからね。
運動もそうですね、若いうちに身体を作らないと・・・。

誰が考えてもわかる理屈

今現在成功している人は、殆どの方が
この「苦」を乗り越えて成功を掴んでらっしゃいます。
若くして成功している人は、
遊ぶ時間を削って若いうちに
学習されたから成功しているのです。
当たり前の話ですね。
若いうちにしか「苦」は乗り越えられないのだろうか?
そんなことはございません。
確かに、歳がいってからの方が行動しづらい事は
あるかも知れませんが、全く関係ありません。
気付いた今が大切なのです。
やろうと思った時からやれあいのです。
努力うる事はしんどいです。
しかし、一度乗り越えたら自分も変われますよね?
だから、気付いたその時から、すぐに始めればいいのです。

black mountains under the stars at nighttime
Photo by Pixabay on Pexels.com

楽を手に入れる方法

はっきり言って歳と関係なく、近道は何もございません。
来る日も来る日もコツコツやるだけなのです。
物凄く地味な行動ではありますが、
これしかない、これが最大の楽を手に入れる方法なのです。
掛かる時間は人それぞれ違いはすれど、
この道のりを超えた人だけが
必ず手に入れられる最大のご褒美が「楽」なのです。
確実に手に入ると聞いても
人はなかなかその道を選ばず、動きもしません。
でも必ず「楽」は手に入るのです。
これでも行動できない人は
何もしない方が幸せなのかもしれません。
一度でも成功を知ってしまうと
人はそれを忘れる事ができないので
出来ないと思う人は最初から
成功という世界に踏み入らない方が
健全ですし健康的でいいのかも知れません。
自分のやりたいように生きていた方が
いいと思うからです。

city people street sign
Photo by Markus Spiske on Pexels.com

楽を手に入れた先にあるもの

努力をして苦労を乗り越えた人は、
自分自身の自由が手に入ります。
しかし、またその次の苦労が待ち構えています。
しかし、その苦労は避けることもできますし、
逃げることもできます。
決めるのはあなた次第という事です。
そして、手に入れた自由は、
他者に役立てる事ができますし、
すでに役に立っているかもしれません。
そして何より、その結果を生み出すのは自分自身である事が
よくわかったと思います。
全てが自分自身で決めて行動していくだけなのです。
何もかもが自分自身の行動と努力なのです。
今回の「ことわざ」は、反比例した、
ちょうどバランスが取れた意味を持っていますが、
本当は楽と苦は比例しているのかも知れません。
反比例のバランスではなく、比例していくバランスです。
これを読んだ方がどう捉えるかは個人にお任せするとして
コツコツやっていきたいと思いませんか?
少しずつでいいんです。
必ず自分なりの結果が手に入りますので、
今から行動していきましょう。

luxury gift market color
Photo by Deepak Maurya Arts on Pexels.com
こんな感じで「ことわざ」をテーマに
色々語っていけたらと考えております。
次回のことわざは何でしょうか・・・。
下記の記事もお楽しみください

【自分改革】新しいことに取り組む為にやっておきたい3つのポイント

結果を活かすためにやらなければいけないこと【継続維持】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です