初心者目線から見た記事を書く時に気を付けている事

記事を書く事について、ブログ初心者ですが書いてみようと思います。
まず、何を書くのかという事が決まっていないところからの見切り発信ではありましたが、色々な方の動画を見たりブログを読んだり、本を読んだりして学習しながら記事の量産をはじめました。

silver imac displaying collage photos
Photo by Designecologist on Pexels.com

記事の内容を考える事

まずは書く事になれるという事から始める事にしました。
記事の質にはこだわらず、そして自分発信にはならないように気を付けた内容で続けました。
書き続けることも出来ないのに、内容の良い記事を書こうと思っても書ける訳がありません。
とにかく毎日1記事〜2記事を書き上げていきます。
記事のりょさんをする時は、記事のタイトルを思いつくまま書いて、出だしの文章を書いて、下書き保存をしていく事もしました。
タイトルを先に書く事で、何が書きたいのかが決めやすくなるのです。
内容のテーマが決まると言う事です。タイトルの内容を書くだけです。
その時にひらめいたタイトルをだいたい5〜6個常に下書きにあるようにしました。折角書いたから消すのがもったいないとかは絶対思わないようにしてください。考えて出したタイトルでも、面白く無いと思ったら即座に消してください。
そうやって記事を書く癖を付けていきました。30記事〜50記事が溜まってくると結構書く癖がついてきていますよ。

focused ethnic woman writing in copybook
Photo by Zen Chung on Pexels.com

並行して内容を考えていく

とにかく毎日1記事以上書くペースで書き続けました。僕の場合、脚本を書いているので書く事にはなれていましたが、リアルな現実を書いていくのが少ししんどくはありましたが、書き慣れるまでは早くに慣れてきましたね。

同時に記事内容のテーマをどんどん考えないといけないので、何かないかと常に考えながらでしたね。
僕の場合、直ぐに、Audibleで聞いていた「嫌われる勇気」に惹かれました。

これやな!

アドラー心理学を用いて、自分の見解でだったら書けるぞと。
これは、自分自身もありますが、僕の周りにいる人たちが自立できていない人だらけで、リアルなモデルになるとも考えました。

その中でも、「変わりたい」「もっとしっかりと発言したい」「自分のやりたい事をしていきたい」と思いつつ、自分を変える事が出来ない人たちだったから、そういう人が出せない「一歩」のきっかけになればと考えたのです。

tired man sitting near female therapist writing notes
Photo by Alex Green on Pexels.com

このまま続けてみる

この、テーマを一つ決めた事で、書けることが飛躍的にアップしたのです。
例えば、承認欲求で書こうと思ったら、いくらでも書けますし、いろんなパターンも思い描けました。
こうなると、リアルではなく、リアルに感じるフィクションになってきたので、書きやすくなりました。
100記事達成してから、今度は「質」を見直す事に・・・」

量より質

これは現在進行形です。ここでやり始めたのが、昔書いた記事のリライトと言うか手直しです。
今もこの段階ですが、記事を書き直して、新しく作ったサイトに引っ越したりして、サイトを増やしていく作業も同時進行して今す。

bank banknotes bills business
Photo by Pixabay on Pexels.com

どう変わったか?

書く事については、伝えたい事が書けるようになってきたので、noteにも手直しした記事をあげるようにしています。
notoには、まだ10記事ほどですが、少しずつ「スキ」をいただけるようになってきたので、もう少し力を入れていきたいと思ってます。

AdSenseは現在、5サイトほどに付けていただいてますが、普通に5〜6本ほどの記事が書ければ、付けられると思います。
最近は審査も早いと思うので、まだの方はチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

こんな感じで。ブログを書く事についても記事にしていきたいと思います。
ここのサイトを拠点にして、テーマ毎にサイトが作れたりしますので、色んな展開を考えてみるのも面白いですよ。

収益がまだ上がらないので、上がってきたら色々書けるんだろうなと楽しみにしています。いつのことやら・・・。
したの記事も参考にしていただければと思います。

【学習成果を見るタイミング】継続の仕方をしっかりと考えて学習していく方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です