音声配信!ヒマラヤ・スタエフを始めてからのこと。声で伝えること

himaraya、stand.fmを始めてから約2ヶ月くらいですか、とにかく配信しているだけになってるように思うのですが、面白いんですよね。

himarayaから始まった音声配信ですが、動画配信と違い声だけで伝えないといけないので、話し方と意識の仕方が変わりますね。
動画と音声配信の違いを今日は書こうと思います。

mokup smartphone technology phone
Photo by freestocks.org on Pexels.com

私の場合は話す内容と、意識するペルソナ設定(目標人物)は同じにしております。顔出ししているかしていないかの違いなので、発信姿勢は変わらないです。

話し方については、音声配信はゆっくりと話すようにしています。動画の場合は早口で話すようにしています。

あとは、見られてる意識と聞かれてる意識ですが、動画に関しては表情の意識はしております。変な顔はできないので、常に半笑顔以上にしてますね。
強いて言えば、動画は顔から発信している意識があり、音声は頭から発信している様な意識はあります。

man listening to music on city street
Photo by Grzegorz on Pexels.com

がむしゃらに全力で配信しています。

2020年11月現在は、とにかく全力で配信することに力を注いでおります。誰かのためになるようなことが見つけられるように日々学習ですね。学習して本当に自分のものになった時、より良い情報が発信出来るのだと考えております。
そこに行けるように、焦らずに、でも急ぎ足て行動しています。

最終的には収益になるようにしたいのはもちろんなのですが、心に伝えるということができなければ、収益に繋がるわけがありません。

先は長いのかわかりませんが。身体が持つ限り精一杯作業して発信していきたいと思います。声を届けている方の「声」は、物凄く素敵な声で、「声」を聞いただけで自信や説得力を感じますよね。
いい声してらっしゃいます。僕ももっといい声になれる様に知識を入れて、はっきりと話していける様に精進して舞洲す。
本当にこんなプラットホームがあって良かったと思います。僕の中のチャレンジはまだまだ続きます。今後とも宜しくお願い致します。

modern microphone during event in park
Photo by Caleb Oquendo on Pexels.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です