感情のコントロール?自立すると楽な思考になれる。

自立心をしっかり考えていきたいてんちょーです。
なかなか自分の思うように生活できていない人は、少なからず何かに支配させている生き方をしているはずです。
なんにも誰にも支配させない生き方なんてできっこなさそうですが、思考の持ち主は自分な訳ですから、如何様にも変われるんです。
変わろうにも買われずにいる人は、本当のところ変わりたくないのです。
そして、自分が嫌いだという人は、大抵が自分大好きなんです。
何かしらを考え違いしているだけの複雑な思考にしているのは自分なわけで、本当の思考はシンプルなんですよ。

person making clay figures
Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

物事をシンプルに捉えようとすると、必ず感情が邪魔をします。その考えは本当に必要なのか?もっと違う側面があるのではないだろうかと考える時間があれば、面白くシンプルに考えられたりします。しかし同時にそこにあった感情がなくなってしまうこともあります。

ちょっと違うかもしれませんが、何か例を出すと、忙しくしている人のお手伝いがしたいけど、自分にはそのテクニックがない時に、その人が動きやすくできるように自分なりに手伝うとします。すると、その人はこちらがやったことに対して、そんな事をされたら、余計時間がかかるから、触らないでくれと言う。完全にお互いの思惑がズレた瞬間です。
手伝いたかった方は、承認欲求があったのか、そう言われた時に、せっかく手伝ったのに怒る事ないじゃんと思ってしまう。

忙しくしている方は、自分一人ではなかなか片付かずイライラしているところにその行為があったため、怒りの感情を出してしまった。

とてmシンプルなんです。

どちらも目的を達成しているんです。悪い方の。

woman in gray tank top while sitting on bed
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

例えがわかりにくかったかな・・・。

この話については、もっと掘り下げていった方がいいと思うので、何回かに分けて記事を書いていくことにします。

自分でももっと研究したい事柄なので、もっともっとわかりやすく説明できるところまで深掘りしていきたいですね。

人生をどう楽しんでいくかは本人次第で、思考一つでそれが可能なんだと言う事をもっともっと学習していきます。
間違った解釈をすることもあるかと思いますが、アドラー心理学と言う個人心理学を僕の中にも周りの方のも広めていきたい気がします。

楽しんでいきたいです。

がんばりまっしょい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です