承認欲求から得られるもの?

アドラー心理学を少しだけかじったてんちょーです。

自己需要
他者信頼
他者貢献

から導き出せる事を色々考えつつ、どういう実例があるのかを考えていましたが、違う視点から考えたときに、どうしても承認欲求が現れてきます。

そして返報性の原理というものが大きくのしかかってきます。

何かしてもらったらお礼をする事が、常識になってますが、悪い方にも当てはまる事があります。やられたらやり返す事。

相手に対して見返りを求めすぎているんです。

これが承認欲求というものです。

承認欲求から生まれるものは、支配と服従です。昔の日本もそんな時代がありました。権力がものをいう時代です。

しかし、今はそういう時代ではないのです。

photography of body of water beside city buildings
Photo by Mike on Pexels.com

人に認められたいという欲求は、見方を変えると自己中心的な思考になります。
あなたをどう評価するかは、相手の決めることであって、こちらが望むものではないのです。

これは、課題の分離というものです。

自分の課題は自分の課題。他人には踏み込ませない。他人の課題には踏み込まない。これが大前提になるのです。

一見、冷ややかなイメージがありますが、決してそうではないのです。

そしてもっと大切な事があります。

「この法則に乗ってると思っている勘違い」をして楽をする行動。

これはうまく逃げ道が作れてしまう、この心理学の危険なところでもあります。
課題の分離だけを良いように捉えて、人に関心を持たない、自分のことは自分で決めるという部分だけを、自己中心的に考えるのです。
人の脳は楽をすることを命令しますが、そこに完全に甘えてしまう、くだらない人にはなってはいけません。

人は人に興味や関心を持ち続けないといけないのです。
そうならないと何も始まりません。

young game match kids
Photo by Breakingpic on Pexels.com

そして、そのまま、自己中心的になっていくのです。
認められたい、怒られるのが嫌、揉めたくない、感謝されたい、認められたい、カッコ良く、綺麗に見られたい、賢く見られたいなど、ろくに努力もせずに普通に口にするのです。

自己需要から考えて、自分は何が出来るのだろう、何をするべきなんだろう?と、何度も真剣にチャレwん時するのか本来の生き方なのです。

平和ボケ

まさにそうなんでしょうね。
今必要ないからの精神を貫いてているんでしょうね。

photo of a woman thinking
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

誘惑はあらゆるところに潜んでいます。
誘惑に負けない思考になり、より良い明日を楽しみましょう。

努力しても結論や結果を急がない事です。やれば必ず結果はついてきます。

これは絶対です!

先日書いた記事も参考にして下さい。

「自由になりたければ、勇気を出す事!承認欲求は不自由な自己中心的な思考だ!」

前に進めないとか、自分が変えたいとか言って、変えられない方は確実に自己中心的な考え方になっています。そういう自分を真正面から認めないと

変わることなどできません。

それさえわかれば、今すぐ変われます。

人生が楽しくなるまで一緒に努力してみましょう!

音声コンテンツに挑戦中です!
HIMARAYAというアプリで配信してます!

まだまだ全然まとまっていない配信ですが、聞きたいと思っていただける番組を目指して頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です