ツリウキソウ(釣浮草)

フクシア

マゲラニカ

ツリウキソウ(釣浮草)の「マゲラニカ」はチリのマゼラン海峡にちなんでいます。1820年代に生垣用の植物としてイギリスにもたらされました。ビクトリア朝からエドワード朝の時代(1837-1910年)にかけて、マン島では島内のあちらこちらで見かけるほどに人気を博しました。

ツリウキソウ(釣浮草)はほぼすべての害虫や病気に対する免疫力を持つため、非常に育てやすいです。
ガーデニングの専門知識をお持ちでない方にピッタリです。

信頼に値する愛

趣味

中南アメリカ

西インド諸島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です