ホソバヒャクニチソウ(細葉百日草)

草丈が低くコンパクトなため、花壇やプランター以外にも、ハンギングバスケットなどを利用しての栽培が楽しめます。一般的な百日草に比べて清楚な印象のある、一重の花と細葉が特徴です。

夏~秋に長期間咲き続ける百日草の別種の背丈の低い一重の花と細い葉が特徴の友情の花☆

ジニア・リネアリス

属名の学名『Zinnia(ジニア)』は、ドイツの植物学者であるヨハン・ゴットフリート・ジン(Johann Gottfried Zinn )からつけられました。

和名は、次から次へと100日程の長い期間、新しい花を咲かせる百日草(ジニア)の別種で、葉が細いので『細葉百日草(ホソバヒャクニチソウ)』と名付けられました。

一般的な百日草は、『ジニア・エレガンス(Zinnia elegans)』と呼ばれ、葉は丸みを帯びています。

友への想い

南北アメリカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です