ヒメヒオウギ(姫檜扇)

ヒメヒオウギ

ヒメヒオウギは「姫檜扇」と書き、ヒオウギを小型にしたような可憐な姿が魅力です(ただし、ヒオウギとは属が異なります)。ヒメヒオウギは半耐寒性の秋植え球根で、夏は休眠します。日本へは大正期に入り、観賞用フリージアを小さくしたような姿から、英名ではFalse freesia(にせフリージア)と呼ばれます。手入れが簡単でこぼれ種から容易に繁殖することから園芸用に人気があります。日本へは大正時代に観賞用として導入されました。

ヒメヒオウギは「姫檜扇」と書き、ヒオウギを小型にしたような可憐な姿が魅力です(ただし、ヒオウギとは属が異なります)。ヒメヒオウギは半耐寒性の秋植え球根で、夏は休眠します。日本へは大正期に入り、観賞用に栽培されてきました。暖地では、こぼれダネで自然にふえるほど丈夫です。
茎葉は細く、草姿が小さいわりには比較的大きな花が咲きます。花径は2.5cmくらい、1輪の花は3~4日開いています。成長も早く、秋にタネをまくと翌春には開花するほどで、鉢植えとして3号鉢くらいのものが多く出回ります。小鉢でも十分育てられますが、5~6号鉢で2~3年つくり込んで大株に仕立てると、花数がふえて豪華になります。

楽しい思い出

歓喜

青春の喜び

南アフリカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です