マンデビラ・サンデリ

マンデビラ・サンデリはつる性の常緑低木で、マンデビラの名前で流通する多数の園芸種の元となった原種マンビデラです。鉢植えでよく栽培され、ピンクや赤の花を咲かせます。冬期は屋内の日差しのある所で育てましょう。

マンデビラ属の植物には高い観賞価値があります。花は美しく、往々にして華やかに咲きます。葉よりも花の方が多いことも特徴です。マンデビラはフェンス、小屋、屋根、小さな中庭などを彩るために屋外で栽培でき、観賞とリラックスのための心地よい景観を作り出します。マンデビラを植える場所には注意が必要です。水がたまるのを避けるため、低地に植えないようにしましょう。この植物は観葉植物にすることも可能です。バルコニーに置かれた小さな鉢、窓辺、玄関、階段など、あるいは家の周辺の他の場所でもよく育ちます。また、球形にしたり、吊り鉢に入れたりすることもでき、非常にシックでエキゾチックな風合いとなります。マンデビラ属の植物は室内を彩るだけでなく、豊かな香りももたらしてくれます。

美徳

ブラジル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です