サトザクラ(里桜)

見頃

サトザクラ

サトザクラ(里桜)は一般に日本の国花とされる桜の一種です。花見といえば奈良時代には梅の花を鑑賞するのが一般的でしたが、平安時代にサトザクラ(里桜)をはじめとする桜に注目が移ったとされます。観賞用の品種改良も多く行われています。花や葉は塩漬けに、実(サクランボ)は食用に用いられます。

サトザクラ(里桜)は落葉樹の一種で、温暖な地域で広く植えられています。春と夏に美しい花を咲かせ、多くの人に愛されている木です。秋には甘くておいしい実をつけます。 実には栄養のあるビタミン・ミネラル類が含まれています。

予知

日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です