発言することは発想力を同時に鍛えている?!毎日考えるということ。

色んな事を創作するのが楽しみなてんちょーです!

発想力とは、色々な知識が必要ですが、今自分が持っている知識だけでもどんどん発想していけます。一つのものを視点を変えてみたり、複数のものを合わせてみたりと柔軟な思考を持っていれば可能なのです。

アウトプットの必要性がそこにもあります。アウトプットしているときに結構な確立で何かを閃いたりする。その実感は物凄くあります。
常日頃から考える思考があれば、常に新しい事を求めている脳は、閃きを与えてくれるものです。その上で、インプットしていけば更に新しい発想が生まれてきます。しかし、ただ気付くだけ?だとせっかくの発想も無駄になります。

アウトプットして発想したものは、必ず何かに書き留めて置いたりして忘れないようんいします。そして改めてその発想を動かしていき、実際に何かに繋がるような形に作り変えていくのです。

woman sharing her presentation with her colleagues
Photo by Canva Studio on Pexels.com

そうやって発想していく癖をつけると、インプットしたものを何かに変えようと色々考え始めるのです。

あとは、どれだけ学習するかです。

学習すればするほどいろんな発想が生まれるのは当たり前のことですね。
ここで気を付けなければいけない思考は、学習したんだから凄い発想をしないといけない、と思ったりすることです。

数をたくさん発想していけば良いのです。

アイデア出しは質より量です。

どんどん提案して、自分を鍛えるのです。発言すればするほど自然と発想力も身につくのです。何故ならそれは、常に考えたものをアウトプットしながら考えているからです。
試しに簡単なことからやってみましょう。

一つの意見を出したら、もう一つ何かないかと考えてみる。そこで発想できなくても構いません。考える事を続けることが大事なのです。

発想が出たらラッキーだと思う程度で良いのです。その繰り返しが新たな発想を読んでくれるのです。

他者がいる場合は、他者の意見も視野に入れて足したり掛け算してみたりしても良いでしょう。複数人数いる場合は、他者の意見を否定しないことも大切になります。とにかく、アウトプットしまくるのです。
くだらない意見でも出してみなければわかりません。明らかに的外れな意見は出さないようにしたいものですが、それでも良いのです。

間違いは正せば良いからです。

distressed upset woman covering eyes with hand
Photo by Everton Nobrega on Pexels.com

このように、インプットしたものをアウトプットして自分のスキルに変えていくという行為は、発想力の向上にも密接に関係しています。

色んな学習方法を身に付けて効率よくスキルを手に入れていきましょう。

自分に少しだけ負荷をかけた生活リズくが成長の促進剤になりますね。
考え方は楽にして、楽しく自分を鍛えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です