新しい企画を立ち上げて、現実にやっていく事。

企画を考えることは大変だ!てんちょーです。

色んな企画を考えることは誰でもいつでも無料でできます。
そんな有効なことをしない手はないですよね?

新しい企画は誰かと話しているときや不意に思いつくこともありますが、すぐに行動に移せない時は必ず忘れてしまうので、忘れないような書き方でメモしておくのが絶対におすすめです。
略して書いたりすると、後で見たときに、?となってしまうのでできる限り後から見てもわかるように書き留めておくことが大前提。

person holding black pen
Photo by Lex Photography on Pexels.com

さてその企画、現実にできるのでしょうか?

多分、ほとんどのことができると思います。
出来るのですが、ある程度の方向性を決めておかないと必ず失敗します。
失敗する理由は書かなくてもわかる通り、途中で壁にぶつかって回避不能になるからです。

当たり前ですよね?

予想もしていなければ、起こってからの対処になり、手遅れでアウトです。
ある程度(ものによります)の骨組みさえしっかりしていれば、あとは始めながら肉付けしていけば良いのです。そうしていると、もしかしたら、こういう問題が発生するかもしれないと予測が立てられて、問題がすぐに回避されるので先に進めます。
逆に、最初からガチガチに固めて始めてしまうと、融通が効かず、アウトになることもあります。

woman in gray tank top
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

ただ、企画が全てうまくいくことなどあり得ません。この辺りを背負いながら色んな企画を作っていきたいものです

企画ではないのですが、ベンチャー企業の生存率ってどのくらいなんでしょうか?

起業から5年生存率、15%
    10年   6.3%
    20年   0.3%

マジか〜!

と企業で言うと生き残るには相当なアクションが必要なんです。

とにかく、何でもかんでもやれば良いってものでは無いと言うことですね。
相当なリスクは付き物ですし、責任も負わなければなりません。

そんなことを考え出すと、自分から発信したくなくなりますね?
そこなんです。そこをまず考えていくことが大事なのです。

リスクを考えること!

どれだけの赤が出るか、それがクリア出来るのなら、即行動ですよ!!

sad little siblings hugging toys on floor
Photo by Victoria Borodinova on Pexels.com

背負えるリスクならどんどんやっていかないと自分の人生もったいないですよ。
まずはノーリスクの企画をどんどんやって、企画から行動までのアクションに慣れていきましょう!結果を追い求めるのではなく、過程を真剣にやっていく。
その辺りがポイントになっていきます。
企画から行動に移すときに考えなければいけないことは、どれだけの損害が出るかと言うてんです。あとは、一歩踏み出す勇気です。
やれるときにやれることをどんどん出来る環境を作って、後悔のない生き方をしていきましょう!

思考を変えるなら「嫌われる勇気」がおすすめですよ。

がんばりまっしょい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です